知らないと損する!?エンジニア/技術者が理系の求人情報を探す前に知るべき3つの事

求人情報を探しているエンジニア・技術者の方へ。求人情報を探す前に、抑えておいたほうがいい情報をご存じですか?

このサイトでは、エンジニアや技術者が就職・転職活動で失敗しないための情報を紹介します。

エンジニアや技術者が求人情報を探す前に知っておきたい3つの事

【その1】現代社会は情報爆発が起きている

インターネットの普及により、現代社会は情報爆発が起きています。数年前から、「人間一人あたりが処理できる情報量」を「人間一人あたりが接触する情報量」が上回っているという話があります。

つまり、求人情報を自分の力で探そうとしても探せる情報には限りがあるということです。世の中にはもっと沢山の優良な求人情報があるかもしれないのに、それに到達することが不可能になってきているということです。

そのため情報を収集するために、さまざまな転職求人サイトというものが存在します。

【その2】転職求人サイトには大きく分けて2つのパターンがある

世の中には沢山の転職求人サイトがありますが、大きく分けて

  • 転職メディア
  • 人材紹介

の2つのパターンがあります。

転職メディアは、登録すると多くの求人情報にアクセスができ、求人情報の載ったメールなどが届きます。

主に、自分で情報を選別して就職・転職活動を行いたい方におすすめのサイトです。

もう一つが人材紹介です。転職エージェントとも呼ばれるこのサービスは、コンサルタントが転職の相談に乗ってくれます。

登録するとコンサルタントから連絡が来て、その後面談という形になります。そしてその方に合った企業を紹介してくれるというのが、人材紹介のシステムです。

転職メディアと比べると面談に行くのが面倒な反面、非公開求人などが多くキャリアアップにつながりやすいのが特徴です。

また、年収の交渉など個人ではなかなかやりづらい部分を全てエージェントが代理でやってくれるのも魅力のひとつです。

【その3】エンジニア・技術者が転職するなら専門のサイトが賢い選択肢

転職求人サイトはさまざまありますが、エンジニアや技術者が転職するなら「エンジニア専門転職求人サイト」を利用するのが賢い選択肢です。

普通の転職メディアや転職エージェントに登録しても、技術者専門のサイトに比べると情報量が劣るからです。

またコンサルタントに相談しようとしても、そもそも担当者があまりその業界のことを分かっていなかったりして自分の状況を理解してくれません。

文系のコンサルタントに「◯◯エンジニアなら、ここがおすすめです!」なんて言われても、到底納得出来ないと思いませんか?

具体的にどのようにサイトを選ぶべきなのか?

具体的なサイトの選び方ですが、

  • 本気で就職・転職したい人
  • 今はまだ情報収集がしたい人

で分かれます。

本気で就職・転職がしたい人であれば、転職エージェントへの登録がおすすめです。転職エージェントに依頼を出してくる企業というのは温度感が高めの企業が多く、条件も良いので意欲が高い人にぴったりだからです。

今はまだ情報収集がしたい人には、転職メディアへの登録がおすすめです。サイトによってはスカウトメールが来るところもありますので、条件が良ければ考えるということもできます。

エンジニア・技術者が登録すべき転職求人サイト

転職エージェント

【非IT】メイテックネクスト

求人件数 求人エリア 専門コンサルタント 公式HP
常時10,000件以上 全国
とても良い
公式HP
  • 元エンジニアが相談に乗ってくれる
  • 業界No.1の求人数&非公開求人あり
  • 大手にも就職しやすい

メイテックネクストは、元エンジニアのコンサルタントが転職相談に乗ってくれる転職エージェント(人材紹介会社)です。
各業界の元エンジニアが揃っているので、あらゆる職種に対応可能です(非IT専門です)。
業界No.1の求人数と非公開求人によって、キャリアアップにもつながりやすいエージェントです。登録後は連絡が来て、面談という流れになります。
本気で転職を希望のエンジニアの方におすすめしたい転職求人サイトです。
メイテックネクスト公式サイトへ
ものづくりエンジニアならメイテックネクスト

【IT】レバテックキャリア

求人件数 求人エリア 専門コンサルタント 公式HP
5,000件以上 関東圏&大阪
とても良い
公式HP
  • IT・Webエンジニアに特化した転職エージェント
  • 高待遇の非公開求人で年収アップの可能性大
  • 徹底したサポートで内定を後押ししてくれる

レバテックキャリアは、「IT・Webエンジニア専門転職エージェント」です。非公開求人が多く、年収アップに重点を置いているのでキャリアアップを狙っている方には特におすすめです。
面談から企業の面接対策まで、徹底したサポートで内定を後押ししてくれるので自分一人の力で頑張って苦しむ必要がありません。
求人エリアが関東圏と大阪のみという点だけ注意が必要です。
レバテックキャリア公式サイトへ
Webエンジニア転職ならレバテックキャリア

よくある質問

転職求人サイトの利用にお金はかかりますか?

ここで紹介している「メイテックネクスト」「レバテックキャリア」は、一切無料で利用できます。利用料は企業側が支払いますので、利用者は全く料金がかからない仕組みになっています。


転職エージェントに登録したら必ず転職しないといけないんですか?

転職エージェントに登録したからといって、必ず転職しないといけないわけではありませんし、急かされることもありません。面談をしてみて、納得の行く条件が見つかるまで転職しないという選択肢もあります。実際に転職まで1ヶ月という方もいれば、1年以上かかるケースもあるそうです。


なるべく良い条件が欲しいのですが

なるべく高待遇の条件が欲しい方は、転職エージェントへの登録がおすすめです。非公開求人が多いため、その分高給与求人に出会える可能性が高いです。また、交渉もエージェントが行ってくれるので転職メディアで自分で探すよりも年収アップの可能性が高くなります。


住んでいるところが遠方なんですが、面談はどうなるのでしょうか?

メイテックネクストでは、電話やメールによる面談も行っています。土日や夜の面談にも対応してもらえますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

【今がチャンス】東京オリンピック前の追い風を活かさない手はない

東京オリンピックを2020年に控えて、転職市場は右肩上がりに成長中です。特にエンジニアの転職市場はどんどん成長し、オリンピックまでには相当の売り手市場になる見込みです。

逆にこの追い風を逃してしまえば、売り手市場で転職活動を行うことが難しくなってきます。

良い条件で転職するためには、出来るだけ早く多くの情報を収集することが必要です。

ポイントまとめ

以上のポイントを、分かりやすくまとめてみました。

現代社会は、情報爆発が起きている

情報を集めるには限界があります。自分一人で求人情報を探そうとしないで、転職求人サイトを上手に利用しましょう。


転職求人サイトには2つのパターンがある

転職求人サイトには、「転職エージェント」と「転職メディア」という2パターンがあります。本気で転職したい方は、転職エージェントがおすすめです。情報収集が目的の方は、転職メディアがおすすめです。


エンジニアにはエンジニア専門サイトがおすすめ

エンジニアには、エンジニア専門の転職エージェントや転職メディアがおすすめです。特にエンジニア専門の転職エージェントには元エンジニアのコンサルタントが多数在籍していますので、不安な方は思う存分相談することができます。


東京オリンピック前の今がチャンス

この機会を逃すと、次はいつ売り手市場になるか分かりません。これから東京オリンピックに向けて、確実に追い風が吹いているこのチャンスをものに出来るかどうかはあなた次第です。転職に興味が有るのであれば、オールエンジニアに登録をして情報収集だけでもしておくのが勝ち組の選択肢です。

【非IT】メイテックネクスト

求人件数 求人エリア 専門コンサルタント 公式HP
常時10,000件以上 全国
とても良い
公式HP
  • 元エンジニアが相談に乗ってくれる
  • 業界No.1の求人数&非公開求人あり
  • 大手にも就職しやすい

メイテックネクスト公式サイトへ
ものづくりエンジニアならメイテックネクスト

【IT】レバテックキャリア

求人件数 求人エリア 専門コンサルタント 公式HP
5,000件以上 関東圏&大阪
とても良い
公式HP
  • IT・Webエンジニアに特化した転職エージェント
  • 高待遇の非公開求人で年収アップの可能性大
  • 徹底したサポートで内定を後押ししてくれる

レバテックキャリア公式サイトへ
Webエンジニア転職ならレバテックキャリア