1. ホーム
  2. エンジニア・技術者転職
  3. ≫エンジニアの転職では成功体験が重要?

エンジニアの転職では成功体験が重要?

エンジニアの転職では、よく成功体験が重要であると言われています。たしかに、それまでの仕事でどのような経験をしてきたのか、どのようなことを学んだのかといったことはとても重要です。さらに、リーダーとして人をひっぱってきて、1つのプロジェクトを成功させたという体験などがあると、アピールポイントになります。
しかし、必ずしも成功体験がなくても、エンジニアの転職で成功することがあります。例えば、プログラマーとして3年やってきたが、プログラミングに対する苦手意識が克服できず、自分には向いていないと諦めてしまったという人がいたとします。プログラマーという職業は向き・不向きがあるので、3年続けてもなにも身につかずにやめていく人もいると聞きます。しかし、失敗体験ができてしまったからといって、エンジニアという道を諦めてしまうことはもったいないです。
この人の場合なら、苦手意識が克服できなかったものの、3年間プログラマーとして働いてきて、実務経験を積んでいます。仕事をする中で、プラスの経験になったと感じたこともたくさんあるはずです。エンジニアの転職では、マイナスの経験よりも、プラスの経験をどれだけ語れるかが重要になってきます。プログラミングは苦手というシステムエンジニアもいますし、中にはプログラミングをやったことがないというシステムエンジニアもいます。人にはそれぞれ向き・不向きがありますので、苦手意識を感じながらも3年間プログラマーを続けたという経験が、システムエンジニアとしての転職に役に立つかもしれません。
エンジニアの転職では、基本情報技術者や応用情報技術者などの試験に合格していると、評価をされることがあるようです。資格だけを持っているということはほとんど意味がありませんが、実務経験を積んでいて、それに加えて資格も持っていると、実績に箔がつくことになります。転職を考えるなら、余裕があるときに資格も取得しておくといいかもしれません。