1. ホーム
  2. エンジニア・技術者転職
  3. ≫エンジニアの転職事情について

エンジニアの転職事情について

エンジニアは人手不足が続くと言われますが、その理由のひとつは現役で続けられる期間が短いことが挙げられます。年齢を重ねると技術の進歩の早さについていけなくなるのが背景にありますが、多くの会社ではある程度の経験を積んだ人材には管理職への転向を求めることになります。実際にプロジェクトを円滑に進めることのできる管理職は少なく、少しでも多くの人材をマネジメントなどに転向させたいと願うものです。けれども基本的に職人気質となるエンジニアは、そのようなキャリア転向には興味を持たないものです。また現場でも人材育成にまで手が回らないこともあり、なかなかビジネススキルを高めるような土台が作れないでいます。そのために多くのエンジニアは、経験を積むことによって幾つかの選択肢を迫られることになります。先端技術の業務から簡単な作業内容となる業務を行う部署に移るか、管理職としてスキルを磨くか、あるいは転職によって新たな会社を探すかです。あるいは独立してフリーランスとなる人も多くいます。いずれにしても、いつまでも同じ環境の中で仕事に取り組むのは難しい環境にあります。また、エンジニアとしてのスキル磨きに関しても、なかなか新しい業務に取り組むこともできない中で、新たな環境を求める人も多くいます。人材不足のために多くの開発会社では、効率良くスタッフを使うことを優先しています。つまりそれぞれが最も得意とする作業に固定して仕事を振り分けるために、なかなか新しい技術に触れる機会がないというわけです。そのために多くのエンジニアは、転職という形でスキルを磨くことを求めるようになります。ただし業界の今後を考えると、いずれ現場で必要とする人材は少なくなることが予測されます。その時に必要とされるのが、プロジェクトの管理やマネジメントを行える人材です。そのために転職において必要なスキル磨きを常に心掛けることはこれから必要になります。