1. ホーム
  2. 転職
  3. ≫転職のタイミングはいつがベストなのか

転職のタイミングはいつがベストなのか

転職は悩んでいつまでも踏み切れないのも問題ですが、間違ったタイミングでしてしまうと次の就職先が見つからないなどの失敗が起こりやすいです。また民法では解約の申し入れから2週間経たないと雇用を契約できないので、2週間前に辞めることを伝えないといけません。しかし会社は急に従業員が1人減ると業務に影響が出るため、一方的な解約はトラブルに発展しやすいです。そこで転職にちょうど良いのが、年度明けです。4月は人事異動が行われるので、従業員の配置が変わるタイミングで転職すると引き継ぎが簡単です。ただし人事異動で社内は忙しいので、3ヶ月ほど前から伝えておくとようにします。中にはボーナスをもらってから辞める人もいます。転職活動が長期的になると予想できる場合は、まとまったお金をもらってからの方が経済的な不安が軽減されます。在職中に新しい就職先が見つかるのが一番ですが、まだ決まっていない時はある程度生活費が溜まってからでないと税金や公共料金の支払いができなくなってしまうので注意します。1月~3月は会社の決算に伴って人員計画や予算が見直されるため求人が多くなります。新卒採用は4月~6月に増えるため、1月~3月までに転職先を見つけて4月に退職するとスムーズです。12月にボーナスがもらえる会社ならば、それまでの頑張りとしてお金ももらえます。会社はできるだけ将来有望な人材を求めているため、転職であっても若い人の方が有利です。また6月にボーナスをもらってから退職する人も多いため、9月~10月は人員確保のために求人が増える傾向があります。4月や12月は会社の繁忙期なので、これらの時期を避けて転職活動をすれば退職前に次の職場が用意できる可能性が高いです。30代~40代で就職先を見つけるよりも20代で実行する方がすぐに内定をもらえます。30代~40代はそれまでのキャリアやスキルをアピールできますが、現在の職場に満足していないならばできるだけ早めに転職活動を始めると良いです。